移動式クレーン小型移動式クレーン 高い安全性と様々な環境で高い作業効率を出すために

  • 移動式クレーンについて
  • 小型移動式クレーン(ユニック)について
  • 整備・点検について
  • 買取について
無料査定フォーム
  • クルマ・ポータルサイトGoo net
  • 近畿運輸局長指定指定自動車整備事業
  • 近畿運輸局長認証普通軽自動車分解整備事業

移動式クレーンについて

ホイールクレーン、トラッククレーン、ラフタークレーンなど、さまざまなクレーンの種類の中でも、3t以上のものを示します。常に過酷な環境で安全で高いパフォーマンスを 要求される為、3t以上は2年に1回性能検査を行う必要があり、当社では検査結果通知書を発行しております。

小型移動式クレーンについて

クレーンの種類の中で3t未満のものを小型移動式クレーンまたはユニックとよびます。こちらは、1年に1回年次自主点検を行います。こちらも年次自主検査記録簿を発行し、お渡し致します。

整備・点検について

性能検査(移動式クレーン)

荷重試験の様子です。
定格荷重をつり、巻上げ能力、ブレーキ能力、旋回能力等を検査しています。
3t以上のクレーンは2年に1回この検査が必要です。

ブームの交換作業(移動式クレーン・小型移動式クレーン)

重い物を吊り上げ、曲がってしまったクレーンのブームの交換作業です。
根元を新品に取り換えました。

ワイヤーの調整・交換(移動式クレーン・小型移動式クレーン)

ブームの先端とフックのちょうど中間あたりで4本あるワイヤーがねじれて1本になってしまっ ています。
自身で慣れないワイヤー交換を行ってしまった為になってしまいました。
調整で直る場合と、交換が必要な場合があります。

年次自主検査(小型移動式クレーン)

日々の現場での摩耗や消費により労働災害を防ぐ為、異常を早期に発見する必要があります。
3t未満のクレーンは1年に1回この検査を行います。

買取について(産業車輛で売却するメリット)

■各種車両買い取ります ■即日、現金でお支払いします ■最初のヒアリングで極端な変更がなければ現場で見積額を下げません ■まとめて何台でもお任せください ■入金時に減額致しません ■しつこい営業は致しません | まずはお気軽にご相談下さい 査定のご依頼・ご相談は・・・ フリーダイヤル:0120-63-5625 |
無料査定フォーム | 9月末までメール査定から成約の方に、抽選で5万円査定額UP!!
安心で分かりやすい、買取の流れ 査定のご依頼>担当者からのヒアリング>査定額のお知らせ>買取手続>お支払い